ジェイケム・ニュースは化学産業の情報を提供する会員制サイトです。
重化学工業通信社が発行する石油化学新報のWeb媒体として2002年に創刊しました。
市場動向や各社の戦略などのニュースを随時更新します。
◇2023年のセンター別オレフィン需給②~住友化学・千葉
  -誘導品は多くが低調/前年比増加は主に定修規模差-

 住友化学・千葉の2023年オレフィン消費量は、エチレンが前年比0.3%減、プロピレンが9.4%増となった。同年は京葉エチレンのクラッカー、千葉工場ともに定修がなかったが、物価高に伴う景気減退で需要が ...more
◇ユニチカ・上埜社長に聞く~電子分野のハイエンド品が底を脱す
  -バリアフィルムの拡販図る/新製品の展開も-

 ユニチカは、2023年度を初年度とする現中計(2023~2025年度)で3つのG(グロース、グローバル、ガバナンス)に取り組むことを基本方針とし、高付加価値品の拡販などを戦略として掲げている。同年度は ...more
 

◇BTX、2023年は生産・需要とも860万t強~30年ぶりの低水準
◇エチレン、2024年1月生産は48万tと1.1%減~稼働率は80.3%
◇主要石化製品の2024年1月生産実績~9品目で増/化成品など増加
◇汎用4樹脂の1月国内出荷、HDPEのみ増~フィルム用は低調
◇MMA/PMMAの2024年1月生産・出荷実績~石油化学工業協会
◇トクヤマ、ベトナムで半導体用多結晶シリコンの製販子会社設立
◇サウジ企業、年産7万トンのIPAプラントを建設~26年4Q稼働
◇住友ベーク、中国・江蘇省の半導体封止材新工場は2024年秋に稼働
◇トクヤマ、化学品の販売体制見直しのため子会社との会社分割実施
◇旭化成/NICT、深紫外LEDで電車社内の空気殺菌実証実験
◇日本郵船など、チリから極東への銅輸送にグリーンアンモニア供給
◇SABIC、PEI樹脂が3DLiDARセンサーに採用
◇日立造船、CO2高濃度化廃棄物燃焼技術の開発でNEDO採択
◇日本酢ビ・ポバール、PVAを値上げ~3月1日出荷分から
◇三菱ケミカルグループ、黒崎のBPA12万t停止~茨城に集約
◇東亞合成、2024年設備投資額は260億円~バインダー増強など検討
◇プライムポリマー、次期社長に三井化学の吉住専務~2024年4月
◇ライオンデル、米カリフォルニアでマテリアルR工場を取得
◇日本ゼオン、CVC通じて米スタートアップのSyzygyに出資
◇つばめBHB、53億円資金調達~小型アンモニア設備の商用化推進
◇三菱ガス化学、4月1日付機構改革~基礎化をGエネ&ケミに改称
◇ダイセル、4月1日付組織変更~研究開発やDX関連等で再編
◇ADEKA、2024年4月1日付組織改定~鹿島工場再編
◇トルコのBAYEGAN、ハタイ県のPDH・PP設備にルーマス技術
◇丸紅、ドバイでSAF事業化検討~一般廃棄物を燃料に転換
◇旭化成エレクトロニクス、EV向け半導体電流センサー発売
◇ダイキン、研究データマネジメント支援ソフトParsleyLabを発売
◇東亞合成、2023年12月期営業益は13%減~接着材料は黒字化達成
◇PVC、1月国内出荷は1%減/生産3%増~輸出12%減
◇ABS樹脂、1月国内出荷1%減/車両用のみ増加~輸出6%増
◇樹脂窓リサイクル検討委員会、社会実装に向け活動加速





注目ランキング
(集計期間1月15日~2月14日)
★No.1
三井化学・橋本社長~石化再編に向けグランドデザインを策定
★No.2
総合化学大手5社の2023年4-12月期決算~2社が増益を確保
★No.3
住友化学、4-12月期は損失膨らむ~主因は上場子会社2社
★No.4
日鉄ケミカル、九州製造所のBPA10万tを休止~3月末で販売終了
★No.5
積水化学・加藤社長に聞く~成長に向け積極投資/新事業にも期待
 









Jchem-Newsを検索
WWW を検索
 
 
copyright(C) The Heavy & Chemical Industries News Agency all rights reserved.
※ 掲載記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権は㈱重化学工業通信社に帰属します。